« 【ゲーム雑記】ファミコンの通信アダプタ&通信カートリッジの世界 第1回 | トップページ | 【ゲーム雑記】ハドソンはいつ死んだのか? »

2014年5月19日 (月)

【ゲーム雑記】ファミコンの通信アダプタ&通信カートリッジの世界 第2回

たぶんマイナーすぎて誰も注目してくれていませんが、
ファミコンの通信カートリッジの紹介、第2回です。

資料的価値は高いはずだと信じて書いてみます。

1988年(昭和63年)は、ファミコンの通信アダプタが大きく動いた年です。

【1988年3月】
・山一證券が、「サンラインF-Ⅱ」をスタート
・マイクロコア社・マイクロ総合研究所・NTTの共同開発で、
 「TV-NET(マイクロコア方式のファミコン用通信アダプタ)」を開発

【1988年5月】
・大和證券、山一證券、日興証券が、立て続けに
 マイクロコア方式でのサービス開始を表明

【1988年7月】
・大和證券が「大和のマイトレード」を発売
・山一證券が、マイクロコア方式の「サンラインF-Ⅲ」を発売
・同時期に、野村証券が「ファミコンホームトレード」を発売

。。。という感じで、
いよいよ、「野村・任天堂方式」と「マイクロコア方式」との全面対決が始まります。

このときの勢力争いは、なかなかに熾烈だったようで
当時の記事を読むと面白いです。

----------------------------------------------------------

 

「ファミコンによるホームトレードサービス"サンラインF"を
 昨年7月からスタートしている山一証券と、
 1年間にわたるモニター実験を踏まえ、"完璧なサービス"を
 7月から始める野村証券の間で、前哨戦が続いていた
 ファミコンをめぐる戦いに、
 一挙に火が付いたの5月17日。
 午後3時過ぎにまず大和証券が、続いて同4時に山一證券が、
 ファミコンを使った新しいホームトレードサービスを開始した。
 これまで山一、野村の動きを表面上静観していた大和証券が、
 いよいよファミコン戦争に参戦を表明した~中略~

 びっくりしたのは、両社とも、別々の発表なのに、
 共同開発の相手が、
 NTT、ブリヂストン、マイクロコア、マイクロコア研究所と、
 そっくり同じだったこと。
 もちろん、ファミコンに装着する通信用カートリッジも同一仕様で、
 年内に10万件の契約を目指すという目標まで同じという念の入りようだ」

 出典:「1988年5月19日 読売新聞1988年5月19日」

----------------------------------------------------------

 

「ファミコンホームトレードをめぐって、大手証券4社の間で
 主導権争いが行われているが、
 4社のうち最後まで路線を決めかねていた日興証券は、
 5月24日までに、ブリヂストン、マイクロコア、NTT等との
 共同開発方式を選ぶことを決めた」

 出典:「1988年5月25日 読売新聞」

 

----------------------------------------------------------

なんか、当時のファミコン少年達が知っている世界とは全く違う
ファミコンの別な側面という感じです。大人の世界ですね。。。

で、その後ですが、

【1988年9月】
・ユニバーサル証券がマイクロコア方式のサービスを開始

【1988年10月】
・山種証券が野村方式に参入

。。。と、お互いの勢力が拡大していきます。

----------------------------------------------------------

ちなみに、これがマイクロコア方式のTV-NET用のファミコン通信カードです。

Kimg0487

大和證券については、ポパイの絵柄の「大和のマイトレード」を出しているのですが、
管理人は持っていません。。。

もしお持ちの方がいましたら、どうか譲ってくださいませ。。。

そして、TV-NET通信アダプタは、こんな形をしています。
ファミコン用カートリッジとして本体に差し込みます。

Kimg0470 (表)

Kimg0471_2 (裏)

この通信アダプタですが、実は、いくつかバージョン違いがあります。

上で出した写真は、ブリジストン製ですが

こちら↓のように、マイクロコア製もあります。

Kimg0478

 

まず右上ですが、「MC-1200A」と書かれています。

で、左上は、「MC-1200B」、

左下は、その「MC-1200B」ですが、シールの色が黒いです。

で、右下は、黒い下地の「MC-1200B」の上に、
グレーの色の「MC-1200B」のシールが貼ってあります。ややこしい。

あと、右上のには「三菱商事」と書かれたシールが貼ってありますが
これは、TV-NETの完品を見れば、謎が解けます。

まずこれが、TV-NETとICカードの箱です↓

山一で購入したセットと思われます。

Kimg0482

箱を開けると、こんな感じです↓

Kimg0485_2_2

で、写真左下にシールが入っています↓

Kimg0485

ここに、問合せ先として三菱商事が書いてあります。

さっきのカセットは、このシールを貼ったものだと思われます。

当時の記事によれば、マイクロコア陣営には、三菱商事も付いたようなので、
販売サポートとして、問い合わせ対応なんかも請け負ったんじゃないかと推測します。

ちなみに、販売ルートは、以下のいずれかだったようです。
少なくとも、ファミコンショップではなかったようですね。

 ・証券会社の窓口で購入

 ・ブリジストンに申し込む

 ・一部の大手書店でも、申し込み受付

あと、山一のサンラインのほうは、箱を開けるとこんな感じです↓

Kimg0484_2

。。。

スミマセン、また長くなりましたので、ここらで切ります。

まだまだ佳境に入らないまま、次回に続きます。

----------------------------------------------------------

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひ押してくださいませ。更新の励みになります。

----------------------------------------------------------
・「
管理人が現在探しているソフト
 非売品コレクター世界一を目指して、色々と捜索中です!
 交換要員とかもそれなりに揃えておりますので、ぜひぜひよろしくお願いします!
 

・業者の宣伝が多いので、「http://」を禁止ワードにしています。
 URLを貼っていただく際は、お手数なのですが
 文字を抜いて「*ttp://」とでもしていただければと存じます。

« 【ゲーム雑記】ファミコンの通信アダプタ&通信カートリッジの世界 第1回 | トップページ | 【ゲーム雑記】ハドソンはいつ死んだのか? »

80_ゲーム雑記」カテゴリの記事

コメント

現在某オークションサイトでポパイのカード出品されてますよ

情報ありがとうございます!
助かります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217880/59616667

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲーム雑記】ファミコンの通信アダプタ&通信カートリッジの世界 第2回:

« 【ゲーム雑記】ファミコンの通信アダプタ&通信カートリッジの世界 第1回 | トップページ | 【ゲーム雑記】ハドソンはいつ死んだのか? »

【いま購入できる非売品ゲーム】

無料ブログはココログ