« 【非売品コレクターへの道】第1回 掘り出し物を探そう | トップページ | 【レアソフト紹介】非売品:アイアンフック »

2010年1月 5日 (火)

【非売品コレクターへの道】第2回 非売品ゲームのプレミアについて

調子に乗って2回目を書いてみます。

基本的に、非売品ソフトのプレミア価格は砂上の楼閣です。

例えば有名な話として、「サーカスライド事件」があります。

「サーカスライド」とは、かつて書店でのみ販売されたPCエンジンソフト
ゲーム内容的にはどうでもいいシロモノなのですが
本数が少なかったため、超プレミアが付いていました。

。。。が、ある日アマゾンで何故か新品が大量に販売されたのです。

そうなると、もともとゲーム内容に価値がありませんから
価値は一気に激減しました。

ピーク時には10万円を越え、秋山と双璧をなすぐらいの勢いでしたが
今では数千円ぐらいだと思います。

(余談ですが、このときアマゾンの販売ランキングで、
 このソフトがなんと2位になるという快挙を成し遂げました。。。
 コレクターでない人たちは、「なにこのPCエンジンって?」
 たまげたんではないかと思います。)

要するに、非売品ソフトで、ゲーム内容に価値があるソフトなどというのは
ほとんどありません。(稀に例外もありますが。。。)

大勢の人が「欲しい」と思うから価値があるだけなのです。

もし何かの拍子で大量に出てきたり、あるいは
なんとなく欲しがらなくなったりしたら、その瞬間に無価値となります。

この点において、面白くてプレミアが付いているソフト(烈火とか)とは
根本的に異なります。

おまけに追い討ちをかけるように、
レア度と相場は必ずしも一致していません

非売品ソフトの中には、けっこうレアなんだけどあんまり知られてない
(もしくは人気が無い)ため、値段が安いものもありますし
マリオファミリーとかラクラクミシンなんかは、もっと価値が付いてもいいと思うのですが。。。)

逆に、あんまりレアでなくても人気があるため高額なものもあります。
(例えば、ファミコンのガンダムファイナルバージョンとかは、あそこまで高くなくてもいいと思います。)

非売品ソフトは、極めて高額であるにもかかわらず
その相場は、極めて脆い基盤の上に立っているのです。

逆に、今は安価なソフトでも
何かの拍子にブームになれば、高騰するかもしれません。

非売品ソフトの価値など、しょせんは幻想なのです。

幻想であっても、強く想う人が多ければ力を持ちますし(=プレミアが付く)
強く想う人がいなければ、価値は下がります

逃げられると(=少ないと)欲しくなり
追ってくると(=たくさん出てくると)欲しくなくなるという
点では
人間関係に似ているような気もします。

なので、あんまり相場表を見て一喜一憂するのはナンセンスです。

価値を決めるのは自分自身です。ていうか経験上、それが一番後悔しません

一番大事なのは、非売品ソフトをゲットして自分が幸せかどうかです

その境地になれば、もはや贋作か本物かすら意味は無いと思います。
自分自身がそれを本物だと信じて幸せな気持ちになれるのならば、
ノープロブレム
です。

変な言い訳も正当化も不要です。

自己嫌悪したり負い目を負う必要もありませんし
正当性を主張したり誇ったりする必要もありません。

しょせんは自己満足の世界
自分の道楽のためにエゴを貫く世界なのです。

世間がなんと言おうと、ゲームショップの相場表にどう書かれようと
自分が幸せならば、それでOKなのです。

。。。

とか、格好のいいことを書いておいてなんですが

まぁ、そんなこと言っても、
プレミアが付くと嬉しいのが人のサガですけどね~。

自分が安価で買ったソフトが、たまたま人気が出て価値が出たら、
やはり嬉しいものです。

自分が追いかけてたマイナーなアイドルがブレイクしたような
喜びと寂しさが混じった感情っていうんでしょうか。

管理人の場合、先日たまたま
ジュラシックパーク インスティテュートツアーを安く発見したので、
ウッカリ複数購入してしまったのですが
これにプレミアが付いたら、やっぱり嬉しいですもん

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。更新の励みになります。

----------------------------------------------------------
あと、今でも色々と捜索中です! →
管理人が現在探しているソフト

交換要員とかもそれなりに揃えておりますので、ぜひぜひよろしくお願いします! 

« 【非売品コレクターへの道】第1回 掘り出し物を探そう | トップページ | 【レアソフト紹介】非売品:アイアンフック »

40_非売品コレクターへの道」カテゴリの記事

コメント

やはり旬があるということですねw
私は単純にレトロゲーが好きで収集してるんですけど、プレイ目的が7割くらいありますから、騰がらなくても後悔は無いですw
でも、仰るとおり騰がれば嬉しいです!!w

もし宜しければ、相互リンクしてもらえませんか?
私の方は、レトロゲー、最新ゲーのレビュー記事をメインに雑記を書いています。
リンクしてた方が、コチラのブログにジャンプしやすいので^^w

>カズオ様
好きで収集するのが一番だと思いますよ~。
ゲームへの愛があれば、後悔しません(笑)

相互リンクのお申し出ありがとうございます!
もちろんOKですよ~。

私の側からのリンクは、週末にでも貼ろうと思いますので、少々お待ちくださいませ。
(実はまだブログの管理方法がよく分かっていません。。。(汗))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217880/47215500

この記事へのトラックバック一覧です: 【非売品コレクターへの道】第2回 非売品ゲームのプレミアについて:

« 【非売品コレクターへの道】第1回 掘り出し物を探そう | トップページ | 【レアソフト紹介】非売品:アイアンフック »

【いま購入できる非売品ゲーム】

無料ブログはココログ