« アドベンチャーゲームレビュー「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」 | トップページ | アドベンチャーゲームレビュー「クロスチャンネル」 »

2007年7月14日 (土)

アドベンチャーゲームレビュー「逆転裁判4」

<ゲームの紹介>
タイトル:逆転裁判4
機種:ニンテンドーDS
形態:コマンド選択ミステリー+裁判
内容:こんなの↓(公式HP)
http://www.capcom.co.jp/saiban4/

<あらすじ>
今ではすっかり有名となった、法廷対決アドベンチャーシリーズです。
法廷対決と言いつつ、基本的には、
不可解な殺人事件が勃発→推理→解決 という流れで、ミステリー物に近いです。
そんな感じの短編が、4つ収録されています。

<良いところ>
・平均以上には楽しい。買って損はしない。
・ただ読むだけのノベルと違って、自分で推理する必要があるので、
 推理ゲーム好きな人間にとっては貴重な存在。
「異議あり!」と叫ぶのが快感。
・科学捜査で指紋採取したり薬品検知したりするのが、意外と楽しい。

<悪いところ>
・前作(逆転裁判1~3)に比べると、なんか印象が薄い。。。
・DSなので、画面が小さくて目が疲れる。
・科学捜査は、何度もやると飽きてきてウザイ。

<遊び方>
・難易度は意外と高め。初心者には、やや辛いかも。。。
・でもまぁ、いちおう誰でも楽しく遊べると思います。
・荒唐無稽モノですが、細部にはつっこまず、ノリを楽しみましょう。

<感想>
 ぶっとんだ登場人物が出て、
 ありえないようなシチュエーションの殺人事件が起きて、
 主人公がそれを法廷で暴いて逆転する。。。という、相変わらずの流れです。

 そういう流れですが。。。流れではあるのですが。。。

 なんか、前作までと比べると、インパクトが弱いです。
 
 荒唐無稽でありつつも手に汗握る展開だった前作までと比べると、
 あまり追い詰められてる感じがしないです。
 なので、逆転のインパクトも薄いです。

 いえね、ゲーム自体の完成度は高いと思うのですよ。
 画像も綺麗になったし、ひととおり楽しかったし。

 でも何故か、なんか印象に残らないのですよねぇ。。。

 おそらくは、レギュラーキャラにエゴが無くなってしまったせいではなかろうかと。

 前作までは、主人公を押しのけて「俺が俺が」という、俺イズムな人たちが多かったと思います。
 
 それに対して今作では、敵である検事さんが、スマートすぎです。
 むしろ、さりげなくフォローしてくれるし。

 逆転裁判1のラスボスの狩魔検事なんぞ、登場した時から最強な空気が漂いまくりで、

 「勝てる気がしねぇ。。。」
 「ていうか、この人が負けるところが想像できない」

 みたいな気持ちを抱いたものですが。。。

 そういうのが無いです。

 他のレギュラーキャラや、全体的な雰囲気も、前作までのような、B級ならではの熱さみたいなものが無くなってしまって。。。

 なんかこう。。。
 「作品」から、「商品」になってしまった感じがするんです。

 あと気になったのが、最終話で出てきた「裁判員制度」。

 そういえば、発売元のカプコンさん、ほぼ時期を同じくして、全国の小学校に「テレビゲームのひみつ」とかいう学習教材を配ってましたよね。

 もしかして、「社会に貢献してます」ってアピールして、ゲーム会社の過去の悪いイメージを消したいとか思ってません?

 逆転裁判4も、なんか妙に裁判員制度をプッシュしてますけど。。。

 裁判員制度の理解浸透に貢献して、会社のイメージアップを図ろうという妙な色気が、あったりしません?

 前作までのような、あくどい検事さんが出なくなってしまったのも、そういう欲目のせいなのかなぁ。。。と、勘ぐってしまいます。

 まぁ、そのへんは私個人の勝手な推測なので、どうなのかよく分かりませんが。。。

 ただ、そういう「いい子いい子した雰囲気」が、逆転裁判の持ち味を殺してしまってるような感じは受けました。

 私自身が、作品の評価においては、教育的・道徳的な意図は加味するべきではない。。。と思うタイプの人間なので、よけいに反感を感じてしまっているのかもしれませんけど。。。

 あと、逆転裁判が売れた理由の一つって、キャラクターが良かったからっていうのがあると思うのですよ。

 なのに、前作の主人公を、中途半端に使っちゃって、販売戦略としてうまくないんじゃないかなぁ。。。という気はします。

 これならいっそのこと前作のキャラを一切出さなければ、今後、売る上での強力なカードとして、もっと有効な使い道があったと思うんですけどねぇ。
 今回、中途半端に主人公だけ出してしまったことで、作品中の違和感ありまくりです。

 まぁ、もしかしたら、そういう違和感を持たれるのも伏線のうちで、逆転裁判5では、スパッと解決される予定になっている。。。とか

 そういうのも全て計算ずくの上での今作ならば、いいのですけどね。

 ていうか、ぜひそうあって欲しいです。
 基本的には、大好きなシリーズなので。

 あ、でも、とりあえずは楽しかったです。
 ゲームとしては平均以上の出来です。

 最終話、話の断片を少しずつ見せていくやり方は、なんかエロゲを彷彿とさせるような気もしますが。。。とりあえず面白かったです。
 インパクトは落ちたものの、「異議あり!」という瞬間は、やはり気持ちいいですしね。

<点数>
・7点ぐらい(10点満点)

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

« アドベンチャーゲームレビュー「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」 | トップページ | アドベンチャーゲームレビュー「クロスチャンネル」 »

60_アドベンチャーゲームレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217880/15757530

この記事へのトラックバック一覧です: アドベンチャーゲームレビュー「逆転裁判4」:

« アドベンチャーゲームレビュー「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」 | トップページ | アドベンチャーゲームレビュー「クロスチャンネル」 »

【いま購入できる非売品ゲーム】

無料ブログはココログ