« 自己紹介です | トップページ | アドベンチャーゲームレビュー「歪みの国のアリス」 »

2007年7月14日 (土)

【ゲーム雑記】エロゲは文学賞を取れない。 何故だ!?

「エロゲだからさ」

----------------------------------------------------------

いえね、先日、ネット上をウロウロしてた時に

「エロゲが文学賞取れないのっておかしくね?」

というような主旨の書き込みを、どこかで見たような気がするのですが。。。
(うろおぼえです、すみません)

う~ん、いやぁ。。。

無理じゃないですかねぇ。。。やっぱり。

だって、エロゲだもん。

----------------------------------------------------------

いえ別に私、エロゲの作品としての出来を批判するつもりは無いのですよ。

ストーリーだけ見れば、(とりあえずゲームの中では)他の追随を許さないぐらいの凝りようだし。

世間がどんなに蔑もうとも、絵師さんが魂を削ってCG描いてることも、
その他製作スタッフの方々が必死に頑張っておられることも知っております。

並列型マルチシナリオの概念は、偉大な発明だと思いますし
この点についてだけは、本だの映画だのといった他のメディアよりも勝っているとすら思っております。

でも、それもなお、エロゲが表舞台に出ることは無いと思うのですよ。

理由は単純で、

「常識で考えろ」

「そもそも見た目が普通じゃない」

。。。です。

----------------------------------------------------------

こういうこと言うと、「見た目で判断するなぁっ!!」とか言われそうですが。。。

その、「見た目で判断するな」というのは、まさしくオタク全般に共通している考えで。

「見た目で判断するな。中身はこんなに素晴らしいんだ。」

「内容がややこしくて理解しにくいからって敬遠するな。根気よく読め!」

。。。というのは、オタクなら誰でも一度は世間様に対して抱いた想いだと思います。

いや、私自身も、そう思って悔しさを感じるときがありますし。。。

----------------------------------------------------------

でもね、物事を大勢の人たちに分かってもらおうと思ったら、
やはり、常識と見た目は大事だと思うのですよ。

エロゲというのは、アダルトです。そこを常識で考えましょうよ。

「エロゲに文学賞を取らせろ」というのは、

「俺は男性だけど、女湯に入らせろ」
と言うのと同じなんではなかろうかと。。。

TPOやら社会通念やらルールやらを守らずに、
なんでもかんでも自由を声高に叫ぶのは、やはり間違いだと思うのです。

----------------------------------------------------------

こういうこと言うと、
「社会通念など時代によって変わるものなのだからくだらん」
とか言う輩がおられますが。。。

人間皆、現代社会のお世話になって生きているんですから。。。

現代のルールに従いなさい。

----------------------------------------------------------

あと、見た目なんですけど、

やはり、一般の方々にも見てもらうためには、
一般向け商品として仕上げる義務があると思うのですよ。

で、え~とですね、さきほど、

「ストーリーだけ見れば凝ってる」
と書きましたが。。。

本当にストーリーだけなんですよね。。。

----------------------------------------------------------

世間一般で商業ベースとして売られている商品というのは、
通常、全てにおいて完璧に作りこんであります。

誤字脱字なんてのは論外ですし

文章も、一般大衆の好みに合わせて分かりやすくするために、
推敲に推敲を重ねています

基本的に、全てのパーツが100点です。

----------------------------------------------------------

ひるがえってエロゲを見ると。。。

・誤字脱字が結構ある
・作者が自分の知識を全部盛り込むものだから、文章がすごく冗長
・仰々しくて露悪趣味で、濃い味付けのスナック菓子のような描写
・上手い下手以前に、読んでて恥ずかしい台詞が多い
・そもそも文章が下手な場合すらある

この時点で、商品としていかがなものかと思います。
少なくとも、表舞台に堂々と出せるものではないです。

さらには、

・ありえないぐらい精神年齢の低い女性キャラ
・しかもそれが大量にいる
・何もせず怠惰なくせに屁理屈こねて偉そうな主人公
・でも何故か不自然にモテる主人公

。。。普通の人なら、これらにまず違和感を感じます

作品を読む上で、読み手が違和感を感じたら、もうその人は作品の世界に入り込めず、楽しめないと思います。

エロゲは、発想としてはどんなに面白くても、それ以外の体裁のレベルが低すぎて
一般向け商品としては成立しないっていうか、そもそも商品レベルにすら達してないと思うのです。

----------------------------------------------------------

くどいようですが、私自身はオタクですし、
幸いにしてエロゲに対する偏見も無いので、ゲームのストーリーを楽しめております。

世間で、軽薄な大量生産型の作品がブレイクしている有様を見て
「こっちのほうが出来がいいのに。。。」と、悔しく思ってしまうこともあります。

でもやっぱり、エロゲは、分をわきまえて
日陰でコッソリとしているべきだと思うのですよね~。

----------------------------------------------------------

PS
まぁ、逆に言えば、世間様が誰も注目していない今って、チャンスかもしれませんねぇ。

エロゲのネタを真似て話を作ってドラマ化したとしても、元ネタには気付かれにくいでしょうし。

漫画原作のドラマが、これだけヒットするご時世ですから、案外売れてしまうかもしれませんね。

そういえば、以前大ブレイクしたあの映画について、そういう噂がありましたけど。。。

どうなんでしょうねぇ。。。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

« 自己紹介です | トップページ | アドベンチャーゲームレビュー「歪みの国のアリス」 »

80_ゲーム雑記」カテゴリの記事

コメント

エロゲは神からの贈り物。
我々はエロゲをプレイし、時に魅力的なキャラに萌え、時に熱い展開に燃え、時に感動して涙し、時にエロシーンで抜き、プレイ後は振り返ってシナリオを考察したりし、このような鑑賞過程から人生訓を学び取っていくことが出来ます。
しかし世の文学者や文学オタどもは、作品から何かを学ぶことは文学作品の読解でやりなさいと押付けてくるのです。
大して興味も引かない文学作品の読書感想文を無理矢理書かされたりするように、それはもう小学校の教育課程から始まっているのです。
このような偏見の所為でエロゲは文学から外されてしまうのです。
本当はエロゲは文学賞を取って然るべきなのです。

しかし、理解しないどころか、このタイプの発言をすることすら絶対に許さない、時代錯誤な言論弾圧を行う人たちがいるのです。
私はエロゲを文学だと主張したために、精神障害を患っているらしい文学オタクに数年間にわたりネットストーキングを受けました。
どうも、精神障害の為空っぽとなっている自己を隠匿するために、文学で描かれる人間像などを表面的に取り込んで陳腐な言葉でそれを出力し続けているようで、彼の自我を維持させられるのはこのプロセスだけのようなのです。
エロゲが文学になると困るらしく、行く先々で執拗な粘着行為と意味不明の脳内文学論を押付けられました。
社会的な常識として受け入れられないからエロゲは文学賞を取れないとかいうレベルではないのです。
尋常ではない悪意や病理を持つ人たちが実際にいるのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217880/15757352

この記事へのトラックバック一覧です: 【ゲーム雑記】エロゲは文学賞を取れない。 何故だ!?:

« 自己紹介です | トップページ | アドベンチャーゲームレビュー「歪みの国のアリス」 »

【いま購入できる非売品ゲーム】

無料ブログはココログ