トップページ | 2007年9月 »

2007年7月

2007年7月26日 (木)

マンガ・ゲームの(無意味に強烈な)迷言集

漫画とか読んでて、ついなんとなく気に入ってしまった台詞の
メモ用のページです。

日常生活において役に立つとは到底思えませんが。。。

でも、印象的な言葉は、とても好きなのです。

-----------------------------------------------------------------
「君はぼくを乗り越えると言ったが。。。君よりも9年も長く生きてるから教えてやろう
 他人を負かすってのはそんなむずかしい事じゃあないんだ

 もっとも『むずかしい事』は!、いいかい!、もっとも『むずかしい事』は!
 『自分を乗り越える事』さ!

 ぼくは自分の『運』をこれから乗り越える!!」

(『JOJOの奇妙な冒険』。岸部露伴先生の台詞ですね。かっちょいい!)

-----------------------------------------------------------------
「落ちつくんだ。。。『素数』を数えて落ちつくんだ。。。
 『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字。。。
 わたしに勇気を与えてくれる。
 2。。。3。。。5。。。7。。。11。。。13。。。17。。。19」

(こんなマニアックな変態が出てくるのは、JOJOぐらいです。)

-----------------------------------------------------------------
「一秒間に10回の呼吸ができるようになれ!!」
「つぎは10分間息を吸いつづけて10分間はきつづけろッ」

(これもJOJO。子供の頃、真似しようとしてみてすぐに諦めました。)

-----------------------------------------------------------------
「だが断る

 この岸辺露伴が最も好きな事のひとつは
 自分で強いと思ってるやつに
 『NO』と断ってやる事だ」

(これも岸部露伴先生の台詞ですね。超有名。)

-----------------------------------------------------------------
「きさま、いったい何人の生命をその傷のために吸い取った?」

「おまえは今までに食ったパンの枚数を覚えているのか?」

(吸血鬼DIOの台詞。これはもう超有名ですな。

 小学生だった当時、すごく印象に残りました。)

-----------------------------------------------------------------
「親切や優しさを他人に押しつけるな。
 例え命を賭けていようが、優しさなどでは人は救えん。
 余計に相手を惨めにさせることもあるのだ。」

(『アストロ球団』。死を覚悟して邪心のとれた伊集院大門の台詞です。
 この後、彼は切腹して絶命します。。。

 。。。野球だけど。) 

-----------------------------------------------------------------
「神風特別攻撃隊 烈風隊一番機
 氏家慎次郎発進す!」

「わしが時代錯誤やと~っ!
 冗談やないで
 世の中が変わろうが、人間は。。。
 そう簡単に生き方を変えられんのよ」

「決死の体あたり敢行す!!」

(『アストロ球団』。
 敵側のピッチャー、氏家慎次郎の最期の特攻です。超かっちょいい!

 。。。野球だけど。)

-----------------------------------------------------------------
閑話休題

私が『アストロ球団』で一番好きな人物は、バロン森 です。

ていうか、本だのゲームだのの含めたあらゆる作品の中で
好きなキャラを挙げろと言われたら、この人が間違いなく入ります。

オカマでオネエ言葉だけど男の中の男。。。そんな彼の名言をまとめてみました。

----------------------------------------------------------
まず、バロン森の初登場シーンの強烈な独白。。。

「私ね、男として生まれてきたら、
 やっぱり一流の男にならなくてはと思うのよね。

 だから自慢するわけじゃないけど、
 身の回りのものはみーんな一流のものばっかしよ。

 それから、お花とかお茶とか。。。お料理なんかも免許皆伝よ。
 そう、すべての面で多才なのね。

 もちろん、人間的に一流でなくては意味無いわよ~っ!
 各界の一流の人ともつきあったわ。
 そうして自分にみがきをかけていったの。
 キャパシティーっていうの? そう許容力ね。
 それがずいぶんとできたみたいね。

 なぜビクトリーに入ったかって?
 球四郎さんにね、他の一流人には無い、たくましさを感じたのよ。
 ほら、逆境にひるむことなく、自分を全力でおしだしていくでしょう。
 そのずうずうしいくらいの神経は、やはり一流だわよ!

 え? 私の名前?
 ちょっと恥ずかしいけどねバロン森っていうの。。。

 年齢?ウフフ。。。
 バカね。そんなこと思春期の男の子に聞くものじゃないわ。
 ヤボね、あなたって!」

(。。。なんかもう、
 どこをどう突っ込んでいいか分からないぐらい
 全部すごいので、全部載せてみました)

----------------------------------------------------------
これが、試合が白熱するにつれて
男っぷりを発揮していくわけで。。。

「負けやしねぇっ
 はみだしもんの根づよさを見せたるわーっ!!」

「なにが一試合完全燃焼でぇーっ!!
 たかが一試合で燃え尽きるような安っぽい信条じゃねえか!!」

「アストロ超人、あいつらみごとなバカだぜ
 なんの疑いもなく、野球に命をかけている
 この味気ねえ世の中にいてもいいじゃねえか
 そんなバカがよ!」

----------------------------------------------------------
そして、死に際に、時世の句を読んで一言。。。

「大部分。。。盗作。
 あの世じゃ、一番の男になってやるぜ!! アバヨ」

死ぬまで男の美学に満ち溢れていた、歴史的な名キャラだと思います。

(野球なんですけどね。。。)
----------------------------------------------------------

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。更新の励みになります。

島本和彦漫画の名言集

私の心のバイブル。島本和彦の作品からの名言です。

別記事「ゲーム・マンガの名ゼリフ集」のうち、

これ関係だけ異様に多いので、分けました。

一番好きなのは『逆境ナイン』なのですが、
けっこういろんな作品から適当に引っ張ってきています。

あと、うろ覚えなので、少し違うのもあるかもしれません。。。

-----------------------------------------------------------------
「こじつけでも、つじつまがあえばそれにこしたことはない!!

 いいこと言ってるんだから、黙って聞け!!」

-----------------------------------------------------------------
「逆境とは。。。

 自分の甘い予想とはうらはらに、
 とてつもなく厳しい状況においつめられた時のことをいう!!

 だがそれは、男の成長に必要不可欠なものだと人はいう!!」

-----------------------------------------------------------------
「宇宙のどこかでは、星の運命をかけて
 壮大な宇宙戦争が行われているんだろうなぁ。。。

 それにくらべりゃ。。。どうにでもなるさ!」

-----------------------------------------------------------------
「人生の一番の楽しみを教えてやろう!!
 それは、「歯の食いしばり」と「血のにじみ」だっ!

 一番みじめで苦しいときに、ニヤッと笑う
 それが男よ!」

-----------------------------------------------------------------
「俺が地球を回す!
 この地球、誰がまわしてると思っていた?

 俺だ!そして、お前なんだよ!

 回し方を間違えるなよ、人が落ちたりするからな。。。」

-----------------------------------------------------------------
「この世の中、みんなかったりーんだよ。。。

 ただ、それを口にするやつと
 じっと黙ってるやつとがいるだけなんだ。。。」

-----------------------------------------------------------------
「勝てるか勝てないかの問題じゃない
 絶対に無理でも、勝たなければならないんだ!」

-----------------------------------------------------------------
「世の中には、お前の想像を超えることが沢山ある。。。

 だから、下手な想像ならするな!!
 自らの範囲を狭めるようなことは、男の中の男のすることではないっ!!」

-----------------------------------------------------------------
「二兎を追うぐらいじゃ、一兎も得られないってことよ!
 俺の経験でいくと、十兎追ってやっと一兎ってとこだな。」

-----------------------------------------------------------------
「惨敗した思い出が。。。血のにじむようなくやしい思い出が。。。
 明日にふみだす一歩となるんじゃあないのかっ!」

-----------------------------------------------------------------
「男の熱い魂。
 それは交わした腕と燃えたぎる眼光によって伝達される!!
 これは冗談ではない!!」

-----------------------------------------------------------------
「時間が人を左右するのではない。。。
 人が時間を左右するのだ!!」

-----------------------------------------------------------------
「わかってはいるが
 わかるわけにはいかん!!」

-----------------------------------------------------------------
「たしかに井の中の蛙 大海を知らず そういう言葉があります。
 たしかに蛙は大海を知らなかったかもしれない

 だが、通用しなかったとはいってない!!

 大海を知らなかった蛙の中にも、十分大海に通用したやつはいたはずだ!
 それが、そんな言葉のトリックにひっかかって、
 どれだけの才能がつぶされてきたことか。

 歴史の白いページをおれたちが切りひらいてきているのだ
 先人の腰の抜けた言動にまどわされるなっ!!」

-----------------------------------------------------------------
「そうだ!感謝されたい!!
 結局人はそのために生きているのだ
 もう誰にもわかってもらえない戦いはいやだ!

 人は一人では生きていけない。
 人に感謝されないと。。。」

-----------------------------------------------------------------
「勝てるときが来るまで
 じっとがまんして待つってのも必要なんだ

 男になるためにはクリアーしておかなきゃならない項目の一つだ。」

-----------------------------------------------------------------
「なんだかよくわからんが、人生は勝負であるのは間違いない
 負けるのも良し
 勝つのも良し
 だがどちらかと言えば、やはり勝ちたい」

-----------------------------------------------------------------
「わかっているが、
 そういう事情がある以上、誰かがその役をひきうけねばならんだろう!!」

-----------------------------------------------------------------
「一人で何もできないやつは、力を貸してやっても出来ませんよ。」

-----------------------------------------------------------------
「しかしおれは大人だ!!
 この目の現実よりも一般常識のしがらみの中で生きているうすぎたない大人だ。

 たとえUFOを見ようとも、
 見ていないということに、ものごとをおちつけねばならぬ、生きるしかばねだっ!

 大人ってのはなあ、夢もみなければな 現実からも目をそむけてしまうものなのよ。」

-----------------------------------------------------------------
「お前がもし宇宙人を命がけでとっつかまえて
 意気揚々とNHKに持っていったとする。どうなると思う?

 NHKは、ただこまるだけだ!!」

-----------------------------------------------------------------
「そうだ。いつも男はおもいきり汗を流して、やるだけやって!!
 あとで空に向かって笑うがいいのだ。

 たとえ墓穴を掘ってはまっても、それでいいのだ。」

-----------------------------------------------------------------
「無謀な目的が、常識的な手段で達成されるはずがあるまいっ!!!」

-----------------------------------------------------------------
「26にもなるのに砂糖を四つ入れた経験がないのだ!!
 なんてこった!!

 おれは頭でばかり考えて何もできん人間になりたくない
 そんな人間を作りたくないという精神で教師をやっていたのに。。。

 いつの間にか頭で考えるだけの頭でっかちな人間になっていたのかっ!?」

-----------------------------------------------------------------
「俺にできるのは。。。
 地獄を与えてやることだけだ。」

-----------------------------------------------------------------
「自らを一流と思った時、人間は没落する!!」

-----------------------------------------------------------------
「わかった。。。わかったぞ
 飛行機があれだけ高くとべるのは。。。

 すさまじいばかりの空気の抵抗があるからこそなのだ!!」

-----------------------------------------------------------------
「男がものごとをなす時に一番危険なのが最初と最後だ!!
 ほとんどの決意がこのどちらかでくずれる。

 まず最初。
 失敗をやる前からおそれて1歩がふみだせない!!
 口だけは達者だが出発ができない!!

 もうひとつは今のおまえだ。
 24メートル泳ぎきったときにその功績に満足した
 もうすべてなしとげた錯覚におちいったのだ!!
 最後の瞬間を前にして後ろをふり返った。

 できる男は目標に到達しても振り返らない!
 その先にまた新たな目標が見えてしまうからだ!!
 できる男にふり返ってるヒマなど、ないっ!!!」

-----------------------------------------------------------------
「男の価値は『昔どうだったか』できまるもんじゃねえ
 『今現在どういうやつか』できまるもんよ。」

-----------------------------------------------------------------
「人の価値ってのは誰になにをされたかで決まるもんじゃない
 それに対して自分がいかなる反応をしたか
 自分が何をやったかで決まるもの」

-----------------------------------------------------------------
「人間はコンピューターじゃないわ。。。それ以上の存在よ!

 たとえばコンピューターをバットで半殺しの目にあわせたとして
 自力で立ち直れると思う?」

-----------------------------------------------------------------
「人生、ビデオをためるヒマはあっても
 見るヒマなどなしっ!」

-----------------------------------------------------------------
「己を磨く困難な道を行くか、
 楽なぬるま湯につかって3年間鼻歌を唄うか!!

 男として好きな方を選べ!!」

-----------------------------------------------------------------
「人間、良くなるときもダメになるときも時間というものが必要だ。。。
 一瞬にしてダメになることはない。。。

 じょじょにダメになっていき、
 気がついたらダメになっているもの」

-----------------------------------------------------------------
「一度倒れて立ちあがってきた男たちと
 一度も倒れずにつっ走っている男たちと
 どっちが実際に強いのか

 一度倒れたほうが強いに決っている。」

-----------------------------------------------------------------
「正しいものも間違った使い方をすりゃあ
 間違ったモノになる

 間違ったモノも正しい使い方をすりゃあ
 正しいモンになる!!」

-----------------------------------------------------------------
「その道が90正しいなら自分の力で100にする。

 もしも40しか正しくなくても己が60プラスすればいい
 自腹を切って60プラスだ

 己が犠牲となって100に仕上げようというその決意。
 その決意と責任の固りを、男の塊りと言うのだ!!」

-----------------------------------------------------------------
「納得のいった目標は絶対に逃がさない!!
 納得がいかない場合は。。。
 依頼者の方を逆に狙うこともあるという。。。恐怖の殺し屋。」

-----------------------------------------------------------------
「心に棚を作れ。」

-----------------------------------------------------------------
「それはそれ!
 これはこれ!」

----------------------------------------------------------
「同情を受けるくらいなら
 舌かんで死ねっ!」

-----------------------------------------------------------------
「くだらねぇプライドなんかも犬に食わせちまえ
 ただ原点を見失わなきゃぁ、それでいいのさ」

-----------------------------------------------------------------
「今は、君にうらみは無いが
 そのうち必ずできる!!
 そうなる前に。。。おれはきみを倒そう!!」

-----------------------------------------------------------------

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

【雑記】社会の面白法則一覧

リンク: 社会の面白法則一覧 - FIFTH EDITION.

----------------------------------------------------------

ニュースではないですけど。。。面白い記事だったので。

個人的に好きなのは、このへん↓

----------------------------------------------------------

パーキンソンの法則
「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」(第一法則)
「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」(第二法則)

(ありがちです。。。反省。)

----------------------------------------------------------
KISSの法則
「単純にやれ。馬鹿野郎。」

(ごもっとも)

----------------------------------------------------------
ハンロンの剃刀
「無能で説明できる現象に悪意を見出すな」

(これはありがちですね~。
 結局のところ、敵は自分自身の心なんですよね。)

----------------------------------------------------------
リーヌスの法則
「目玉の数さえ十分ならどんなバグも深刻ではない」

(爆笑)

----------------------------------------------------------
アブラハム・マズロー
「もしあなたが持っている唯一の道具が金づちなら、

 あなたは全ての問題を釘として見るようになる。」

(これは、気をつけないといけないですね~。確かにありがちです。)

----------------------------------------------------------

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

2007年7月22日 (日)

【雑記】ニュース:官僚達の二重クーデター

リンク: 安倍政権の倒閣を企てた官僚たちの二重クーデター - ビジネススタイル - nikkei BPnet.

----------------------------------------------------------

田原総一郎って、普段テレビで見てるときは、そんなに印象に残ってなかったんですけど、このコラムは面白いです!

。。。ていうか、本当ならかなり深刻な問題のような気が。。。

書いてあることが本当だとすると、年金問題って、社保庁の自爆テロってことなのでしょうか?

う~ん。。。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。更新の励みになります。

ゲーム・マンガの名ゼリフ集

好きな台詞・名言のメモ用のページです。

日々の仕事や生活の中で役に立ちそうな言葉を見かけたら、都度追加していきます。

私自身が、ゲームと漫画大好き人間なので、
自然とそのへんからのものが多くなると思って、このタイトルにしております。

。。。が、

改めて見返してみると、本やネットやテレビで見聞きしたものも、
けっこう混じってるかもしれません。

あと、世間様に顔向けできないようなゲームからの台詞もあります。

。。。まぁ、その、アレです

「正しいものも間違った使い方をすりゃあ、
 間違ったモノになる!!
 間違ったモノも正しい使い方をすりゃあ、
 正しいモンになる!!」(島本和彦)

ということで、あまり気にせずに。

とりあえず以下、セリフ集です。

(あと、島本和彦関係が異様に多かったので、分けました↓

 島本和彦漫画の名言集

 ついでに、強烈なインパクトだけど役に立たない名言も分けました↓

 マンガ・ゲームの(無意味に強烈な)迷言集 )

-----------------------------------------------------------------
「『負けたことがある』というのが いつか大きな財産になる。」

(『スラムダンク』の敵側の監督さんの台詞です。かなり好きな台詞です。)

-----------------------------------------------------------------
「努力した人間が成功するとはかぎらん。
 しかし成功した人間はすべからく努力している。」

(『はじめの一歩』の会長さんの台詞。これもすごく好き。)

-----------------------------------------------------------------
「私はその意見に反対だ。
 だが、貴方がその意見を言う権利を私は全力で守る。」

(出所不明ですが、ごもっともと思います。
 実際には、なかなかできないんですけどね。。。)

-----------------------------------------------------------------
「現実とは超リアルなオンラインゲーム。
 無限の選択肢と幾千のシナリオ、
 膨大な参加者からなる壮大なゲーム」

(出所不明ですが、ゲーム好き人間としては
 ロマンを感じるので。。。)

-----------------------------------------------------------------
「思い煩うことはない。人生は無意味なのだ。」

(ゲームじゃないですけど。。。サマセット・モームです。
 でも、ごもっともかと。。。)

-----------------------------------------------------------------
「生きがいとは何かというような問いは、
 極端に言えば暇の産物なのだ」

(養老孟司。
 確かに。。。毎日が充実してたら、人生の意味なんて考えないと思うのです。)

-----------------------------------------------------------------
「毎日笑っていれば、毎日が楽しいよ。」

(『ひぐらしのなく頃に』。
 これって、人生の基本だと思うのです。ある意味私のポリシーかも。)

-----------------------------------------------------------------
「嬉しさは、伝染するんだよ。」

(これもけっこう納得です。上とのコンボで、もう最強。)

-----------------------------------------------------------------

「考えるな、感じるんだ」

(私が尊敬する、ブルース・リーの名言。これってすごく大事だと思うのです。)

-----------------------------------------------------------------

「自分を信じるな!
 俺を信じろ!
 お前を信じる俺を信じろ!」

(アニメらしい熱いセリフですが、でもなかなか好きです。)

-----------------------------------------------------------------
「頑張れる人間が頑張ればいいんだよ。
 頑張れない人間は少し休んでろってね。」

(こういう気持ちで周囲に接することができるように気をつけなきゃと、
 思ってはいるのですが。。。なかなか忘れがちなんですよね~。)

-----------------------------------------------------------------
「日本陸軍は世界一の戦車を作った
 洗練されたフォルム、戦後ディーゼルエンジン隆盛の礎となった技術
 どれも他国の追随を許さなかったといっていい
 この戦車に唯一欠点があるとすれば、それは戦闘に弱いということであった」

(つい笑ってしまいましたが、こういう姿勢って好きです。)

-----------------------------------------------------------------
「俺はみんなに助けてもらわないと、生きていけない自信がある!」

(『ワンピース』のルフィの台詞ですね。ある意味リーダーとして必要な資質かも。
 私はこれを忘れがちなので、自分への戒めとして。。。)

-----------------------------------------------------------------
「自由という名の不自由」

(これは、よく思います。自由な人生に固執している人って、
 けっこう不自由なんではないかなと。。。)

-----------------------------------------------------------------
「強い人は皆優しい」

(人に優しくするためには、自分に余裕があることが必要なわけで
 ある程度の強さが無いと、優しくできないと思うのです。)

-----------------------------------------------------------------
「やらない善より、やる偽善」

(『鋼の錬金術師』。ごもっとも。)

-----------------------------------------------------------------
「闇雲になるな、腹を立てるな、手は綺麗に、心は熱く、頭は冷静に」

(『あやかしびと』の、九鬼先生の戦闘の心がけです。
 仕事モードのスイッチを入れるときと似てる感じがします。
 特に、「心は熱く、頭は冷静に」 。。。は重要かなと。)

-----------------------------------------------------------------
「理想を抱いて溺死しろ。」

(超有名な『Fate』のアーチャーの台詞。
 かっちょいい!!しびれます。)

-----------------------------------------------------------------
あと、アーチャーの呪文みたいなのの詠唱も好きです。

「体は剣で出来ている。
 血潮は鉄で、心は硝子。
 幾たびの戦場を越えて不敗。
 ただ一度の敗走もなく、
 ただ一度の理解もされない。
 彼の者は常に独り 剣の丘で勝利に酔う。
 故に、生涯に意味はなく。
 その体は、きっと剣で出来ていた。」(Fate)

というやつ。アーチャーさん、漢です。

-----------------------------------------------------------------
「贋作が本物に劣ると誰が決めた」(Fate)

とかも。なんか、かっちょいいです。

-----------------------------------------------------------------
「引かぬ!媚びぬ!省みぬ!!」

(北斗の拳のサウザー様です。かっちょいい!)

-----------------------------------------------------------------
「自由からは何も生まれない」(ビートたけし)

-----------------------------------------------------------------
「人生は一冊の書物に似ている。
 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、賢い人間はそれを念入りに読む。
 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから。」

-----------------------------------------------------------------
「ムリだっていうのはいつだって、
 チャレンジしてない奴よね」
(スラムダンク・あれから10日後)

-----------------------------------------------------------------
「あなたは。。。普通コンプレックスです。」

(『クロスチャンネル』より。オタクって、こういう人多いような気がします。
 ていうか、私自身がそうかもしんないと思いました。)

-----------------------------------------------------------------
『クロスチャンネル』だと、他には。。。

「あなたも凡人目指して、我々とともに頑張ってみませんか。」

「自分のために人を大切にして構わない。
 明日、少しはましな自分になるために。」

「強くなければ生きちゃいけないわけじゃないから。。。」

「楽しいって思えるなら、それでいいじゃん。」

「絶望を確認することしかできないかもよ?」「絶望を確認するという希望がある。」

。。。なんかも好きです。

-----------------------------------------------------------------
「なんの期待もしないことこそ、本当の絶望じゃないのか!!」

「ふざけんな!俺はただ馬鹿やってるんじゃない。真面目に馬鹿やってるんだ!」

「俺の人生に下り坂は無い!!」

「お前は、待っていれば明日は来ると思っているようだが、それは違うぜ!
 呼ばなきゃ明日は来ないんだぜ!!」

(『キャプテン・ラヴ』。熱い!)

-----------------------------------------------------------------
「わかってはいるが
 わかるわけにはいかん!!」

(島本和彦。仕事してると、こういう局面ってけっこうあると思います。)

-----------------------------------------------------------------
「お前は無理だよ」と言う人の言う事を聞いてはいけない。

もし、自分で何かを成し遂げたかったら、できなかった時に、
他人のせいにしないで、自分のせいにしなさい。

多くの人が僕にも、お前にも無理だよ、と言った。彼らは君に成功して欲しくないんだ。

何故なら、彼らは成功できなかったから。途中で諦めてしまったから。だから、
君にもその夢を諦めて欲しいんだ。不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ。

決して諦めては駄目だ。

自分のまわりをエネルギーであふれ、しっかりした考え方をもっている人で固めなさい。
自分のまわりを野心であふれ、プラス思考の人で固めなさい。

近くに誰か憧れる人がいたら、その人にアドバイスを求めなさい。

君の人生を考える事ができるのは君だけだ。

君の夢が何であれ、それに向かって行くんだ。
君は幸せになるために生まれてきたんだから。

(マジック・ジョンソンが黒人の少年に向けて語った言葉だそうで。。。
 とても感動しました。)

-----------------------------------------------------------------
「出来ないことは何回もやったらいいの
 出来るようにまでやる以外に出来るようになる方法なんかないの
 100回やって無理なら1000回やるの
 それでも無理なら10000回やったらいいの
 それをしてない奴に出来るアドバイスなんて何も無いの」

-----------------------------------------------------------------
「人でないものを愛した男は、
 最後に自分が人間であることを辞めて、恋を成就させるんだ。
 ハッピーエンドだよ。だろう?」

(『沙耶の唄』より。
 主人公さんが、人間であることを辞めた瞬間ですね。。。)

-----------------------------------------------------------------
「昨日できなかった事は今日もできない
 今日できなかったことも明日にはできない
 今日、やるんだ。今、やるんだ!」

-----------------------------------------------------------------
「人間は公平ではあるが平等ではない。」

(まぁ、あたりまえですな。)

-----------------------------------------------------------------
「ダイヤモンドの行商人がやってきて、
 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど
 せいぜい百年しか生きられん人間に、
 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ。
 俺らが欲しいのは今だけです。」

(ザ・ブルーハーツ)

-----------------------------------------------------------------
「時代を変えよう言うのはすべてをあきらめた人が言う言葉なんよ。
 自分ががんばれば、時代は自然と変わるんじゃねえの?」

(ザ・ブルーハーツ)

-----------------------------------------------------------------
「勝った国が正義で、負けた国が悪です。
 これは古今東西変わらない、国際常識です。
 勝てば、戦犯はむこうが出してくれます。」

-----------------------------------------------------------------
「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう」

(言わずとしれた、アインシュタインの言葉ですな。
 まぁ、なんにも出来ない人がこれを言っても、
 負け犬の遠吠えにしかならない気もしますが。。。)

-----------------------------------------------------------------
「常識とはそんなに平凡なものではない。」

-----------------------------------------------------------------
「『常識』に対して疑問を持てる知恵が『良識』」

-----------------------------------------------------------------
「迷惑かけたほうがいいんです。
 そのほうが分かりやすくていいから。」

-----------------------------------------------------------------
「自分自身の内心を支配することのできぬものに限って、
 とにかく隣人の意志を支配したがるものだ。」

-----------------------------------------------------------------
「一人で考えていると、どんどん妄想はふくらんでいくのである。
 想像力というのは果てしない。果てしないぶんだけ間違った方向に進むと、
 事実とかけ離れたところに行ってしまう恐れがある。
 行き場を間違えないようにするためには、人とコミュニケーションをとった方がいい。」

(これは、気をつけなきゃな~と思います。
 負の考えって、自分の中でぐるぐる回って勝手に拡大していくことがあるんですよね~。)

-----------------------------------------------------------------
「人間はみんなが美しくて強い存在だとは限らないよ。
 生まれつき臆病な人もいる。弱い性格の人もいる。メソメソした心の持ち主もいる。
 けれどもね、そんな弱い、臆病な男が自分の弱さを背負いながら
 一生懸命美しく生きようとするのは、立派だよ」

(遠藤周作。生きようとする人間の醜さ、浅ましさって、ある意味美しいと思うのです。)

-----------------------------------------------------------------
「将来何がやりたいかわからないなら、
 まず自分が最下層だと思うような仕事に就いてみること。
 そうすれば自分の弱点もやりたいことも見えてくる。
 あとは自分を鍛えて、夢に向かって突き進むだけ。」

-----------------------------------------------------------------
「大切なことは、大志を抱き、それを成し遂げる技術と忍耐を持つということ。
 その他はいずれも重要ではない。」

-----------------------------------------------------------------
「私はあらゆる自分の問題に感謝している。
 一つの問題を克服したあと、より強くなり、
 これからやってくるものによりよく対処できるようになっていた。
 私は、自分のあらゆる困難のなかで成長した。」

-----------------------------------------------------------------
「どんな職場にいても、トップになろうという意欲さえあれば、
 仕事の楽しみ方はあるはず。」

-----------------------------------------------------------------
「芸術やろうと思うな、芸をやれ。」

(これは、すごく納得です。
 これは芸術だと自称する前に、まずは生活のために必死になれと思います。)

-----------------------------------------------------------------
「仕事って何かっていったら、
 仕事をする人間の気構えを買ってくれること。」

-----------------------------------------------------------------
「人生は戦場なり。

 戦いを宣告したうえは、書に向かっては書を征服し、
 人に向かっては人を征服し、事業に向かっては事業を征服するまで止むべからず。

 何物、何事、何人に対しても仇討ちの覚悟をもって戦うべし。
 死すとも勝つの覚悟あれ」(国木田独歩)

-----------------------------------------------------------------
「生きることは問答無用なのよ」

-----------------------------------------------------------------
「死に後から意味をつけて美化するのは
 残された人間が負い目に思っているからですよ。

 それが真に正しいなら、それは無駄死にでいい。
 もとから、どんな死にも意味など無いのだから。」

-----------------------------------------------------------------
「他人を信用するってことは、リスクを容認する事に他ならない。
 信用した結果に全責任を負うというリスクをね。

 そして、人は信用という言葉に込めた自分の望む結果を
 掴み取るために、リスクを軽減するために、

 結局は何か行動を起こすのよ、自分からね。
 座して得られるものは何もないというわけ。」

-----------------------------------------------------------------

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

2007年7月20日 (金)

【雑記】日本の技術力没落の原因って。。。

リンク: 【やばいぞ日本】第1部 見えない敵(4)「あの貪欲さはもうない」|経済政策|経済|Sankei WEB.

----------------------------------------------------------

細部にまでこだわったモノづくりは、大昔からの日本独特の強みだったと思うのです。
それが無くなりつつあるというのは、なんか残念な感じがします。。。

それにしても、この原因ってどこにあるんでしょうね?

・グローバリズムの名の下でのアメリカ正義?
・日本の技術者を引き抜いた韓国企業?
・それとも、待遇につられて日本を見捨てた技術者の人達?

私は、それよりも、マスコミと社会だと思うのです。。。

----------------------------------------------------------

バブル崩壊後の、世間様がやたらに
成果主義だのグローバリズムだの言っていた頃

「結果が大事」
「働いてばかりではなく自分の時間をもつことが大事」
「自分らしさがどうのこうの」

。。。そんな意見が、そこかしこに跋扈して

まるで、不器用に要領悪く、しかし真面目にコツコツと働くことよりも、
要領よく成果を出すことや、見た目やマーケティングや広告宣伝のほうが
大事であるかのような風潮があったと思います。

そんな風潮に乗じて、
・「自分らしい個性」「人生を楽しもう」の名の元に展開した商業主義と
・なんのポリシーも無くそれを煽ったマスコミ

・それに踊らされて、
 働くしか能の無い年配サラリーマン層を軽視してきた一般社会

。。。これこそが、現在の日本の技術力没落の元凶だと思うのです。

----------------------------------------------------------

なんていうか、人ががんばれる原動力って
人が認めてくれる、褒めてくれることだと思うのです。

それは、
・お金という形だったり
・「すごいね!」という言葉だったり
・価値観を共有しあう仲間同士だったりすると思うのです。

それが、がんばってモノ作りをしてきたのに

社会からは軽視されるようになり
家庭からも疎んじられて

それに加えて、
当時の、成果主義の名の元での短視眼的なリストラの波の元で
会社からも冷たく突き放され。。。

そんなふうに、誰からも自分を受け入れてもらえないとき
ものすごく寂しいと思うのです。

「自分を認めてほしい!」と、そう思うのは
人間として、当たり前の気持ちだと思うのです。

----------------------------------------------------------

ワンピのDrヒルルクが言うところの

「人はいつ死ぬと思う?
 心臓をピストルで打ち抜かれたとき。違う!
 不治の病に冒されたとき。違う!
 猛毒キノコスープを飲んだとき。違う!
 人に・・・忘れられたときさ」

というやつかなと。

----------------------------------------------------------

相手にされないって、死ぬほど辛いと思うのです。

そんな時、「あなたが必要です」と、声をかけてくれたら
たぶん誰でも、喜んで行ってしまうと思うのです。

----------------------------------------------------------

技術者ごと技術を引き抜いた韓国企業のやり方や
それに応じた技術者にも

モラル的な面で非難すべきところはあるかもしれませんが、

でも、人として仕方がないという気もするのです。

日本の技術者達を、ぞんざいに扱って追い詰めてしまい
結果的に、今日の状況を招いたのは、

マスコミと、個性の本質を考えずにそれに踊らされた社会、

ひいては世の中の人達全員だと思うのです。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。更新の励みになります。

【雑記】ニュース:PSE問題って、けっこう大事だと思う。。。

PSE問題、地味で全然ニュースになってないけど
けっこう大事な話だと思うのです。。。
----------------------------------------------------------
中古店って、けっこうリスキーだと思うのですよ。
・品物の鑑定眼が必要
・でも、そのスキルは、その分野以外では役に立たない
・故に、その道一筋で生きていかざるを得ない
・でも、相場も動くし、小銭を稼ごうとする転売屋もいるし
 流行も大きく変わっていくし。。。と、ものすごくリスキー
・しかも、利ざやがけっこう少ない

----------------------------------------------------------

かいつまんで言えば、ハイリスク・ローリターン です。

----------------------------------------------------------

それでもなお、その分野が好きで、
無欲にコツコツとがんばってきた年配の方々が多いと思うのです。。。

そういった方々が、救われるといいなと思います。

【雑記】携帯を使ってるとバカになるそうで。。。

リンク: J-CAST ニュース : 電話番号覚えられない!携帯は「バカ量産」の主犯か.

----------------------------------------------------------

携帯の番号を覚えられない人が増えているそうで。。。

ただ一方で、

・新しい文化が分からなくて叩いているだけ
・それを、マスコミが面白おかしく煽っているだけ
・そもそも、メモリー機能があるのだから、覚える必要が無い

という意見もあるようですね。

個人的には、たぶん、どちらも少しずつ正しいような気がします。

----------------------------------------------------------

私自身、以前、ノートPCを活用しまくっていた時期があるのですが、
確かに間違いなく、その頃は記憶力が低下していた実感があります。

覚える必要が無い →覚えようとしない →記憶力の低下

。。。という感じで。

「じゃあ、覚える必要ないんだから、覚えなくていいじゃん」
と言われそうですが、それはそれで、正しいと思います。

必要なければしなくていいと思いますし
便利なツールがせっかくあるのだから、フル活用すべきです。

ただね、「必要なら」というところがポイントなのですよ。

「メモリー機能があるから覚える必要なし」
は、浅薄すぎやしませんかね。

----------------------------------------------------------

少し話がずれますが。。。

企業のリスク管理に、DR(ディザスタ・リカバリ)というのがあります。

地震とかの災害時に、会社のシステムをいかに復旧させるかという、事業継続のためのリスク管理です。

・データのバックアップを取っておくのはもちろんのこと
・電気が止まってパソコンが起動できない時にどうするか、
・メールが止まった時どうするか、
。。。などなど、色々考えていくのですが

そうすると、どうしても、
現実世界での紙媒体とかのような、アナログに頼ったほうが
効率的なんじゃないかと思えることもあるのですよ。。。

----------------------------------------------------------

で、話を戻しますが、

ITに頼った生活は、とても便利なのですが

データはしょせんデータだということを、忘れないほうがいいと思うのです。

----------------------------------------------------------

念のため言いますが、私、データの持つ力は、疑問視していません。

時として、桁外れの富を生むものになったり
国をふっとばすぐらいの力を持つこともあると思います。

でも同時に、その脆弱性も意識しておくべきだと思います。

ある日突然消滅してしまう可能性があることを
考慮しておくべきだと思うのです。

例えば、「電話番号はメモリにあればいいや」と言ったって

・携帯が壊れたらどうするのか
・家にバックアップを用意しておいたとしても
 外出先で、緊急に必要な場合はどうするのか

。。。という問題は、考えておくべきだと思うのです。

----------------------------------------------------------

それにだいたい、データと知識は違います。

例えば何かでデータを活用する必要が生じた場合に、

知識として覚えていれば即答できますが
データとして保持している場合、検索して引っぱり出す必要があります。

このタイムラグが、致命傷になるケースだってあります。

(例えば、携帯電話で話してる最中に、
 とっさに大至急で電話番号を聞かれるような状況を
 想像していただければ、イメージしやすいんではないかと。。。)

----------------------------------------------------------

繰り返しになりますけど、私自身は、バーチャルな世界大好きな人間で、
デジタル機器万歳と思うタイプの人間です。

でも、デジタルに頼るからには、最低限

・万が一のトラブル時の心構え

・データとして持つべきものと、知識として覚えるべきものの区別

これぐらいは、考えておかないといけないと思うのです。

そういったものも全て考慮して、
デジタルとアナログを両方組み合わせて使うのが、一番現実的だと思うのです。

2007年7月18日 (水)

【雑記】仕事を覚えるための転職は何も得られない(。。。たぶん)

こないだ、テレビの討論番組を見ていたところ、

「ベンチャー企業に入って
 仕事はたくさんやらせてくれるのだけど
 上司に確認や相談をしても何も教えてくれなくて
 自分としてはもっと仕事を覚えたいので、転職を決意した」

。。。という人がいました。

偉そうなことを言うようでアレなのですが、
こういう人はダメなんじゃないかなぁ。。。

という気がするのですけど。。。う~ん。。。

----------------------------------------------------------

仕事の経験を積むという意味では、ベンチャーは最適だと思います。
(いや、給料が安いとか、労郷環境が過酷だとかはさておき)

なんせ、あとからあとから前例の無い理不尽な課題が押し寄せてきますから。

そのかわり、誰も教えてくれません。

あたりまえです。前例が無いんだから。

で、逆に、仕事を先輩や上司が教えてくれる会社というのは、
すなわち前例が蓄積されている会社です。

確かに、そういう会社では親切に教えてくれると思いますよ。

でもその代わり、幅広い経験を積む機会は、なかなか無いと思います。
新しい課題にぶちあたる機会が無いですから。

そんな課題、まずそもそもめったに発生しないですし、
仮に発生しても、新人くんなどにはなかなか触れさせてくれません。

----------------------------------------------------------

で、冒頭の人に戻りますが、この人はいったい何がしたいのでしょうか。

教えて欲しいのですか? →ならばベンチャーは辞めたほうがいいかも

仕事を覚えたいのですか? →ならばベンチャーが最適です

「仕事を覚えたいので、教えて欲しい」というのは、
単なる逃げではないかなぁ。。。と思うのですけど。。。

せっかく仕事を覚えられる環境にあるのに、そこで何も得られないのならば

そこから逃げても、やはり何も得られないと思うのです。

(えらそうでゴメンナサイ)

2007年7月15日 (日)

【雑記】現実的な人って非現実的だと思う。。。

現実的な人というのを、たまに見かけます。

いわゆる、フィクションに何の価値も認めない人。

曰く、「SFやファンタジーなぞアホらしい」

曰く、「史実に沿ったもので無ければ意味が無い」

曰く、「事実や実学でないと時間の無駄」

。。。というタイプの人。

ああいう人を見ると、

逆に非科学的なんではなかろうか。。。と思ってしまうのですけど。。。

----------------------------------------------------------

フィクションが世に出てくるということは、それに対するニーズがあるわけで
ニーズが生まれる、その動機や背景があるはずです。

現実しか見ない人っていうのは、逆に、
そういう現実を見落としてしまっているのではなかろうかと思うのです。

それに、フィクションだとしても、それを作っているのは人間ですし
そこの根底に流れる考えとかから、学べることは多いはずだと思うのです。

それにそもそもですねぇ

新聞やニュースだって、真実を伝えてるとは限らないですし

歴史だって、「いや、実は間違ってました」なんていくらでもあるのだし

日常生活を舞台にしたドラマだって、
アホかと思えるような現実味の無いものもあると思うのですよ。

----------------------------------------------------------

現実的なことにこだわる人って、逆に、あまり自分の頭で考えていないのではないでしょうか。。。?

ただ教えてもらったことを鵜呑みにすることしかしなくて
しかも、そうやって鵜呑みにすることが正しいと思っているから

だから、何か即物的な知識を教えてくれるものにすがってしまって
しかもそれが正しいことだと思ってしまうのではないかと。。。

そんな気がしてしまうのです。

----------------------------------------------------------

特に、それが顕著だと思われるのが、ビジネス本の世界ではないかな~、なんて思うのです。(いや、偉そうですみません。。。)

だいたい現実に、ビジネスハウツー本を読み漁ってる人で
出来るサラリーマンって、(少なくとも私は)見たことが無いですよ?

本当に出来るサラリーマンは、そんなの読まなくても出来る人です。
ビジネス本に言われるまでもなく、自力で思いついていますよ?

逆に、ビジネス本を読んでやっと気づくような人は、
読んでもあんまり変わんないと思います。

----------------------------------------------------------

。。。

そんなことを考えてしまう今日この頃。
私ってやはり根っからのオタクだなぁと思います。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。更新の励みになります。

2007年7月14日 (土)

【雑記】貧乏くじは引きまくるべし

会社で、貧乏くじをひくタイプの人っていますよね。

例えば、何かトラブルが発生した時とか
困っている人を見かけたときとか
誰かに何か聞かれたときとか

そんな時に

「何かしなきゃいけないのかな。。。」

と、自分のことのようにとらえてしまい

余計なことにしゃしゃり出たり
「NO」と言えずにオロオロしているうちに

余計なものまで色々と背負い込んでしまい、

でも、それを処理するだけの情報も地位も能力も無くて
結局のところ、周囲に迷惑をかけてしまい

苦労だけして、周りからは非難される

。。。そんなタイプの人です。

----------------------------------------------------------

ちなみに、本来の正しい対応セオリーとしては

・自分に出来ることと出来ないことを見分けて、
・適切な上司に、正しく情報を伝達し、指示を仰ぐ

。。。みたいな感じだとおもうのですが、そういうところに頭が回らない人。

不器用で気が利かなくて、真面目さが空回りしてる人。

いわゆる自爆くん

----------------------------------------------------------

でもね、実は私、そういう人は嫌いではないですよ。

むしろ、「大いによし!」と思うのです。

----------------------------------------------------------

正しい仕事のやり方?

そんなセオリーなど、いつでも学べます。

決められたセオリーをなぞるだけの体験して、何になるのかと。

そんな経験、血にも肉にもなりません。

自分の不器用さに悩み苦しんで
何も得ることの無い無駄な努力に汗を流して
それでも非難される理不尽さに悔しさを感じて

そういう経験を積み重ねてこそ、得られるものがあると思うのです。

----------------------------------------------------------

そういえばスラダンで

「負けたことがあるというのが
 いつか大きな財産となる」

という台詞がありましたが、私、この台詞が大好きです。

----------------------------------------------------------

苦労や失敗は、若いうちにたくさんしておくべきだと思うのです。

そしてその苦労は、理不尽で意味の無いものであればあるほど
そこから得られる経験値は高いと思うのです。

入社したばかりの頃、不器用で雑用ばかり押し付けられていたようなタイプの人、
でも、それをかわすことも出来ずにただ耐えてた人
そういう人は、ある日、大化けする可能性があると思うのです。

逆に、器用で、トラブルを上手く回避してきた人が
中堅どころになってから、頭打ちで成長しなくなってしまうのを
意外とよく見かけます。

----------------------------------------------------------

貧乏くじは、引けば引いただけ、自分の財産になると思うのです。

。。。たぶん。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。更新の励みになります。

【雑記】ホウレンソウで楽に生きる

たまに会社で見かけるのですけど

「報告・説明する」とか「マニュアル化する」とかいう話が出ると
ものすごく嫌がるタイプの人がいます。

「雑用を増やしやがって、ふざけんな!」と言わんばかりにムッとして
あれこれ理由をつけて抵抗してきます。

こういう人って、報告やマニュアル化とかで情報共有することが
その本人がどれだけ楽になるか、認識していないのでしょうか。。。?

本気で、不思議でしょうがないです。

----------------------------------------------------------

え~とですね、

会社で働いている方なら、ほとんどの方が、
新社会人になった頃に、研修なり上司や先輩からの話なりで、
「ホウ・レン・ソウ」とかいうことを言われたのではないかと思います。

要するに、ちゃんと報告・連絡・相談するようにというアレです。

----------------------------------------------------------

。。。まぁ、改めて「ホウレンソウ」などと言われると、

あたかも小学校の頃、クラスに一人はいるであろう委員長タイプの人から
「先生がそんなことしちゃダメだって言ってたじゃない!」と注意された時に
思わず反発してしまう感情に似たような気恥ずかしさというかアホらしさを感じてしまうのですが。。。。

----------------------------------------------------------

まぁ、それはさておき

このホウレンソウって、別に、
上司や会社のためだけにやってるわけじゃないんですよね。

ほんのちょっとでも考えれば、ホウレンソウを実行することで、
自分自身が楽に快適に生きられるようになるということに、すぐに気づくはずです。

----------------------------------------------------------

どういうことかと言いますと。。。

世の中、基本的に他人は助けてくれません。

別に、冷たい人が多いと言っているのではないですよ。
むしろ善人のほうが多いです。
目の前に困った人がいれば、多くの人は善意をもって助けてくれます。

ただ、助けて欲しい状況なのかどうか、困っているのかどうか
傍目には、なかなか分からないのですよね。

「自分の状況」というやつって、
自分が思っている以上に、周りには伝わっていないものだと思うのです。

----------------------------------------------------------

人間、自分に痛みが無ければ、そうそう記憶に残りません。

ちょっと例を挙げるとですね。。。

例えば、

テレビで映されている飢餓で苦しむ人と
飼い猫が腹を空かせていること

どちらがより緊急度が高いかと言えば、言うまでも無く前者ですが
飼い猫を放置して顔色を買えて募金箱まで走っていく人はいないですよね。

こんな感じで、自分がどんなに窮地に立って苦しんでいても
自分の苦しみって、他人には理解しにくいと思うのですよね。

助けて欲しいのなら、自分の状況を説明して
相手にも実感を持って理解してもらわなければいけないと思うのです。

そして、実感を生むものは何かといえば、経験の積み重ねだと思うのですよ。

さっきの例でも、もし自分に飢餓に苦しんだ経験があれば、
その反応は全く違うものになるんではなかろうかと。

で、経験って、すなわち情報だと思うんですよね。

自分が見聞きしたものが、データとして脳にインプット・蓄積されて
それが自分の経験として身に付いて、自分の経験に即した実感を基準に
目の前の物事の重要度を判断しているんだと思うのです。

----------------------------------------------------------

ここで話を戻して、自分の状況を説明する場合、一番簡単で確実な方法は何かと言えば
他人にも、自分と同じ経験をさせることだと思うのです。

もちろん、全く同じ経験をさせることは不可能です。

でも、自分の経験というデータを日頃からをこまめに伝えることで
相手の脳の中に、仮想の私(仮に「じろのすけ」とする)を構築してしまうことは出来ると思うのです。

この、仮想の「じろのすけ」が構築された拠点(要するに周囲の人の脳の中ですけど。。。)は、多ければ多いほどいいです。

「じろのすけ」だったらこうするんだろうな、
「じろのすけ」は、こういう状況にあるんだろうな


。。。ということを、自然と分かってくれている人が増えれば増えるほど

「じろのすけ」の考えを理解してもらいやすいし
何かあれば「じろのすけ」の危機を察してもらいやすいし
なので、周りも「じろのすけ」を助けやすい

。。。そんな快適な環境が構築されるのですから。

このために、自分のことをこまめに伝える必要がありまして
これがいわゆる「ホウレンソウ」というやつなのかなと思うのです。

----------------------------------------------------------

で、話は戻るのですけど、冒頭で挙げたような、説明やマニュアル化を嫌がる人も
結局のところ、自分の首を絞めていて、しかもそれに気づいていないのではないかと。。。

情報の共有をすれば、自分を助けてくれる人が増えて、結局楽になるんですけどねぇ。

そしてそういう人に限って日々、
「私はこんなにがんばってるのに。。。」

などと愚痴を言っていたりするのですけど

そんなこと言ったって、自分を助けてもらうためのトリガーを引いていないのだから
周囲だって、助けを出したくても物理的に出せないのです。

その結果、必要以上に苦労する羽目になったりするわけで。。。

----------------------------------------------------------

ちなみに、この考え方は、当然、仕事だけに限ったことではないわけでして
日常生活でも同じかなと思うのです。

というより、おそらくは、生まれてから死ぬまで、人生の隅々に至るまで
必要なことではないかと。。。

たまに

「なんか周りとうまくいかない。。。」「分かってもらえない。。。」

と悩む人がいますけど

そういうタイプの人は、仕事上でも「ホウレンソウ」を、軽視していませんでしょうか。。。?

----------------------------------------------------------

円滑で充実した人生を送るためのテクニックって、仕事から学べることも結構多くって、

自分らしく楽しい人生を送る一番の近道って、必ずしもアフターファイブに力を入れることだけじゃないんじゃないかな~

。。。という気がするのです。

これなんかは、そんなものの良い一例ではなかろうかと思うのです。

【雑記】子供達もメントレだそうで。。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000080-sph-soci

子供たちもメントレだそうで。。。

いえね、私、メンタル面についても、肉体と同じように、プロの治療というのが必要なケースはあると思いますし、メントレ自体は否定しません。

ただ、子供のうちから、すぐにそういうのを持ち出すのは。。。

う~ん。。。ちょっとひっかかってしまうのです。

----------------------------------------------------------

いえね、理屈としては正しいと思いますよ。うん。
正論です。反対はしません。

でもねぇ、子供のうちは、むしろそんなことより
世の中の荒波に耐えられる打たれ強さを身に付けさせたほうが
いいと思うのですよねぇ。。。

精神力が強くないと、やはりこの先しんどいと思うのです。

----------------------------------------------------------

そんなわけで、メントレだのなんだのといった、
もっともらしい小理屈をチマチマ教えてるヒマがあったら

日頃から

「ダメなものはダメなんだゴルァ!」

。。。とでも言ってあげるほうが、よほど子供のためになるような気がするのです。

----------------------------------------------------------

理不尽なことに直面した経験というのは無駄にはなりませんし

そこでどうにかしようとして苦しむから、いろんなもの磨かれるのだと思うのです。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。更新の励みになります。

アドベンチャーゲームレビュー「クロスチャンネル」

<ゲームの紹介>
タイトル:CROSS†CHANNEL (クロスチャンネル)
機種:PS2(PC版もありますが、私がやったのはPS2版)
形態:ノベル型+たまに選択肢
内容:こんなの↓(公式HP)
http://www.kid-game.co.jp/kid/game/cross/html/fr.html
(ただし、ネタバレしてしまうので見ないほうが吉)

<あらすじ>
書くとネタバレしてしまうので、書けません。

<良いところ>
・全体的なストーリーは、かなりよく出来てます
 好き嫌いはあると思いますが
 ゲームの中ではトップクラスのストーリーかと。
 3週目あたりからは、面白くて寝食を忘れます。

・話はけっこうエグいです。人が死にまくったりする展開もあり、意外と重いです。
 人間の負の部分とか、あれこれ考えるのが好きな人にはオススメかも。

・でもなんだかんだで、いい話だと思います。主人公の悩みには共感しまくりで、ついうっかり感動しました。

<悪いところ>
・全体的に、ノリがオタクすぎて、オタクでも嫌悪感を抱きかねないレベル
 主人公のセクハラギャグの嵐は、オタクでもちょっと。。。

・特にプレイ開始からオープニングまで2時間ぐらいは、
 寒いギャグ&ハーレム状態で男性が喜ぶだけな感じでむしろ不快。

・オタクリテラシーが高くないと、会話が全く理解できない恐れあり。

・故に、非オタクの人だと、序盤10分で投げ出す可能性ありです。

<遊び方>
・オープニングまでは予備知識無しでプレイすることをオススメします。
 公式HPも見ないように。

・プレイ開始以降、オタクから見てもウザイと思うぐらいの
 ハイテンションなセクハラギャグの嵐が続きます。
 。。。が、その辺も含めて伏線ですので、我慢してプレイしてください。

・プレイ開始後2時間ぐらいで、最初の「アンテナ塔の完成」を迎えますが、
 ここでやっとオープニングです。
 ここで「え?!」と、愕然とすると思いますので、ぜひぜひ予備知識無しで。

・で、2週目の終わりあたりから雰囲気が違ってきます。それ以降の面白さは保証します。

・オープニング以降は、どのみち一本道のストーリーですので
 攻略サイトなりなんなり見ながら、最短距離でプレイして構わないと思います。

<感想>
だいぶ昔に初めてプレイした時は、全体的にコテコテなオタクテンションや、
主人公への嫌悪感で、あまり好きにはなれませんでした。

しかも、主人公のセクハラに対して、女性キャラが皆、男性が喜びそうなりアクションをして、最終的には全員が主人公に頬を染めてすりよってくるのはいかがなものかと。。。

正直、ひいてしまって、物語に入りこめませんでした。
ギャルゲやエロゲが絶対にメジャーになれない要因は、こういうところにあると思うのです。

ただ、それでもなお、ストーリーは、かなりよく出来てると思いました。

で、なんとなく気になったのと、ストーリーもだいぶ忘れてしまったので
先日、久しぶりにやってみたのですが。。。

2回目のプレイで、私の中の評価うなぎのぼりです。

ラストを知ってからやってみると、あちこちの伏線が分かるので
すんなりと話に入れました。

そうやって張り巡らされた伏線も、全部回収されてますし。
文章もうまいほうだと思います(好き嫌いはあるでしょうけど)。

主人公の悩みなんかは、なんかもう、若い頃の自分そのままな感じで。。。

とても共感できてしまいました。とほほ。

ネタバレしてしまうので詳しくは書けませんが、テーマとしては、

非日常的な状況に、極端な性格の8人の人間を置いてみて
人のコミュニケーションついて語ってみた

。。。というような、そんな感じです。

いえね、真顔でエロゲを語るのはいかがなものかという世間様の目線も分かりますし

そもそも青臭いと言えば青臭いテーマで、
青少年向け漫画の延長みたいなもんだと思います。(元は18禁ですが)

でもね、いい歳した普通の社会人でも、けっこう
こんなことでウジウジと悩んでたりするんじゃないかな~と思うんですよね。

意外と心を打つ台詞も多いですし、人間関係で悩みがちな人なんかには、ぜひプレイしてみて欲しい作品です。

<点数>
9~10点ぐらい(10点満点)

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

アドベンチャーゲームレビュー「逆転裁判4」

<ゲームの紹介>
タイトル:逆転裁判4
機種:ニンテンドーDS
形態:コマンド選択ミステリー+裁判
内容:こんなの↓(公式HP)
http://www.capcom.co.jp/saiban4/

<あらすじ>
今ではすっかり有名となった、法廷対決アドベンチャーシリーズです。
法廷対決と言いつつ、基本的には、
不可解な殺人事件が勃発→推理→解決 という流れで、ミステリー物に近いです。
そんな感じの短編が、4つ収録されています。

<良いところ>
・平均以上には楽しい。買って損はしない。
・ただ読むだけのノベルと違って、自分で推理する必要があるので、
 推理ゲーム好きな人間にとっては貴重な存在。
「異議あり!」と叫ぶのが快感。
・科学捜査で指紋採取したり薬品検知したりするのが、意外と楽しい。

<悪いところ>
・前作(逆転裁判1~3)に比べると、なんか印象が薄い。。。
・DSなので、画面が小さくて目が疲れる。
・科学捜査は、何度もやると飽きてきてウザイ。

<遊び方>
・難易度は意外と高め。初心者には、やや辛いかも。。。
・でもまぁ、いちおう誰でも楽しく遊べると思います。
・荒唐無稽モノですが、細部にはつっこまず、ノリを楽しみましょう。

<感想>
 ぶっとんだ登場人物が出て、
 ありえないようなシチュエーションの殺人事件が起きて、
 主人公がそれを法廷で暴いて逆転する。。。という、相変わらずの流れです。

 そういう流れですが。。。流れではあるのですが。。。

 なんか、前作までと比べると、インパクトが弱いです。
 
 荒唐無稽でありつつも手に汗握る展開だった前作までと比べると、
 あまり追い詰められてる感じがしないです。
 なので、逆転のインパクトも薄いです。

 いえね、ゲーム自体の完成度は高いと思うのですよ。
 画像も綺麗になったし、ひととおり楽しかったし。

 でも何故か、なんか印象に残らないのですよねぇ。。。

 おそらくは、レギュラーキャラにエゴが無くなってしまったせいではなかろうかと。

 前作までは、主人公を押しのけて「俺が俺が」という、俺イズムな人たちが多かったと思います。
 
 それに対して今作では、敵である検事さんが、スマートすぎです。
 むしろ、さりげなくフォローしてくれるし。

 逆転裁判1のラスボスの狩魔検事なんぞ、登場した時から最強な空気が漂いまくりで、

 「勝てる気がしねぇ。。。」
 「ていうか、この人が負けるところが想像できない」

 みたいな気持ちを抱いたものですが。。。

 そういうのが無いです。

 他のレギュラーキャラや、全体的な雰囲気も、前作までのような、B級ならではの熱さみたいなものが無くなってしまって。。。

 なんかこう。。。
 「作品」から、「商品」になってしまった感じがするんです。

 あと気になったのが、最終話で出てきた「裁判員制度」。

 そういえば、発売元のカプコンさん、ほぼ時期を同じくして、全国の小学校に「テレビゲームのひみつ」とかいう学習教材を配ってましたよね。

 もしかして、「社会に貢献してます」ってアピールして、ゲーム会社の過去の悪いイメージを消したいとか思ってません?

 逆転裁判4も、なんか妙に裁判員制度をプッシュしてますけど。。。

 裁判員制度の理解浸透に貢献して、会社のイメージアップを図ろうという妙な色気が、あったりしません?

 前作までのような、あくどい検事さんが出なくなってしまったのも、そういう欲目のせいなのかなぁ。。。と、勘ぐってしまいます。

 まぁ、そのへんは私個人の勝手な推測なので、どうなのかよく分かりませんが。。。

 ただ、そういう「いい子いい子した雰囲気」が、逆転裁判の持ち味を殺してしまってるような感じは受けました。

 私自身が、作品の評価においては、教育的・道徳的な意図は加味するべきではない。。。と思うタイプの人間なので、よけいに反感を感じてしまっているのかもしれませんけど。。。

 あと、逆転裁判が売れた理由の一つって、キャラクターが良かったからっていうのがあると思うのですよ。

 なのに、前作の主人公を、中途半端に使っちゃって、販売戦略としてうまくないんじゃないかなぁ。。。という気はします。

 これならいっそのこと前作のキャラを一切出さなければ、今後、売る上での強力なカードとして、もっと有効な使い道があったと思うんですけどねぇ。
 今回、中途半端に主人公だけ出してしまったことで、作品中の違和感ありまくりです。

 まぁ、もしかしたら、そういう違和感を持たれるのも伏線のうちで、逆転裁判5では、スパッと解決される予定になっている。。。とか

 そういうのも全て計算ずくの上での今作ならば、いいのですけどね。

 ていうか、ぜひそうあって欲しいです。
 基本的には、大好きなシリーズなので。

 あ、でも、とりあえずは楽しかったです。
 ゲームとしては平均以上の出来です。

 最終話、話の断片を少しずつ見せていくやり方は、なんかエロゲを彷彿とさせるような気もしますが。。。とりあえず面白かったです。
 インパクトは落ちたものの、「異議あり!」という瞬間は、やはり気持ちいいですしね。

<点数>
・7点ぐらい(10点満点)

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

アドベンチャーゲームレビュー「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」

<ゲーム内容>
タイトル:ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編
機種:Windows用
形態:ひたすら読むだけ(選択肢無し)
内容:こんなの↓(公式HP)

http://07th-expansion.net/hi_Main.htm

<あらすじ>
田舎の閉鎖的な村、オヤシロさま伝承、毎年の祭の日に起きる猟奇殺人
そんな感じの伝奇系ミステリー、っていうかむしろサイコホラーかも。

<良いところ>
・日常から非日常へ転落するあたりは、見事だと思いました

・直接的に怖いCGも使わず、音声も無いにもかかわらず、
 これだけ怖くさせてくれるのはすごいです

・しかもこれが、無料で遊べる

・読むだけなので簡単、短時間で終わる

<悪いところ>
・最初の1時間ぐらいはコテコテのオタク向けで
 かなりたるいです

・絵柄が、なんか丸っこくて変です
 最初は違和感爆発でした

・そんなわけで、前半は非オタクの人にはかなりつらいかも

<遊び方>
同人作品で、公式HP他で無料で配布されてますので、ダウンロードしてきてください。
選択肢がありません、ひたすら読むだけです。

2~3時間ぐらいで終わりますので、
一気に最後まで読んでしまったほうが作品に入り込めていいです

<感想>
まぁ、これを読んだから何か得るものがあるとか、心を打つものがあるとか、
そういうところはありません。あくまで、濃い味付けのスナック菓子的なものです。

でも、娯楽作品として、非常によく出来てると思いました。

同人作品で、映像も音楽も市販品には遠く及ばない簡素さですし、怖いCGも無いです。

にもかかわらずこれだけ怖いのは、やはり恐怖の演出がうまいからだと思います。

前半の、ほのぼのお気楽ムード(たるいけど)から
ある瞬間から一転、非日常へと突き落とされて、
それ以降の追い詰められ感は、かなりよく出来てます。

こんなのが無料で遊べるとは、いい世の中になったものだ。。。と思います。

ちなみに、本作品、(もはや超有名ですが)シリーズ物です。
全部まとめたPS2版も出てます。

でも敢えて、最初の『鬼隠し編』だけのレビューにしてみました。
後続のレビューは、またそのうち。

<点数>
・7~8点ぐらい(10点満点)

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

アドベンチャーゲームレビュー「歪みの国のアリス」

<ゲームの紹介>
タイトル:歪みの国のアリス
機種:携帯アプリダウンロード
形態:サウンドノベル(選択肢は少)
内容:こんなの↓(公式HP)
http://www.sun-denshi.co.jp/gsec/

<あらすじ
不思議の国のアリスをモチーフにした、不条理・不思議系なダークファンタジーです。
ホラーでスプラッタな感じに見えるけど、実際にやってみると、そこはかとなくコミカルです。
でも少しブラック。終盤はミステリー。

<良いところ>
・携帯アプリなので安いし、選択肢も少なくて攻略不要
 短時間で簡単に遊べる。
・魅力的なキャラクター・なんか味のある会話。
・不思議な世界、暗転、現実でのオチまで、ちゃんと話が完成してる。

<悪いところ>
・携帯なので画面が小さい、目が疲れた。
・まぁ、B級の娯楽作品なので(私は好きですが)
 格調の高い作品や、リアリティしか認めない人には向きません。

<遊び方>
・エンディング数は少ないので、攻略を見る必要は無し。
 適当に遊んでください。
・非オタクでも問題なし。
・そんなにグロくない(グロい画像も、携帯なので小さいし)ので、
 たぶん人を選ばず誰でも楽しめるはず

<感想>
 ダークでホラーなのに、どことなく不思議でコミカル。
 すごくシュール。でもブラック。
 そんな世界がキッチリ描かれてて、なかなか良かったです。

 けっこうスプラッタなので、一歩まちがえれば露悪的なB級作品になりかねないはずなのですが、そういう嫌悪感は感じられませんでした。

 登場するキャラクター達に魅力があるからかなと思います。

 変なヤツが多いのですが、そのぶん損得勘定や裏表が無い感じで、
 すっとぼけたコミカルなキャラクター達との会話に、むしろ癒される感じすらしました。
 
 特にチェシャ猫!

 最初は不気味でしたが、話が進むにつれて激萌えです。

 他にも、熱血漢な廃棄くんとか、愛すべきキャラクターが多いです。

 ちなみに、終盤の展開は、こういう系の王道パターンを行くかたちなので、よく本を読む人ならそこそこ推測できると思います。

 ただ逆に言えば、良い意味で典型的なだけに期待も裏切らず、ほどよく驚きの展開~クライマックス~エンディングまで運んでくれます。

 こういう幻想系にありがちな未消化感も残らず、不満も無く、すっきりとゲームを終えることが出来ます。

 話自体は、特に何か得るものがあるわけでもなく、普通に読んで面白いだけの暇つぶし用作品だと思いますが、完成度はとても高いと思います。

 安いし、短時間で簡単に終わりますし、誰にでもオススメです。

<点数>
 7~8点ぐらい(10点満点)

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

【ゲーム雑記】エロゲは文学賞を取れない。 何故だ!?

「エロゲだからさ」

----------------------------------------------------------

いえね、先日、ネット上をウロウロしてた時に

「エロゲが文学賞取れないのっておかしくね?」

というような主旨の書き込みを、どこかで見たような気がするのですが。。。
(うろおぼえです、すみません)

う~ん、いやぁ。。。

無理じゃないですかねぇ。。。やっぱり。

だって、エロゲだもん。

----------------------------------------------------------

いえ別に私、エロゲの作品としての出来を批判するつもりは無いのですよ。

ストーリーだけ見れば、(とりあえずゲームの中では)他の追随を許さないぐらいの凝りようだし。

世間がどんなに蔑もうとも、絵師さんが魂を削ってCG描いてることも、
その他製作スタッフの方々が必死に頑張っておられることも知っております。

並列型マルチシナリオの概念は、偉大な発明だと思いますし
この点についてだけは、本だの映画だのといった他のメディアよりも勝っているとすら思っております。

でも、それもなお、エロゲが表舞台に出ることは無いと思うのですよ。

理由は単純で、

「常識で考えろ」

「そもそも見た目が普通じゃない」

。。。です。

----------------------------------------------------------

こういうこと言うと、「見た目で判断するなぁっ!!」とか言われそうですが。。。

その、「見た目で判断するな」というのは、まさしくオタク全般に共通している考えで。

「見た目で判断するな。中身はこんなに素晴らしいんだ。」

「内容がややこしくて理解しにくいからって敬遠するな。根気よく読め!」

。。。というのは、オタクなら誰でも一度は世間様に対して抱いた想いだと思います。

いや、私自身も、そう思って悔しさを感じるときがありますし。。。

----------------------------------------------------------

でもね、物事を大勢の人たちに分かってもらおうと思ったら、
やはり、常識と見た目は大事だと思うのですよ。

エロゲというのは、アダルトです。そこを常識で考えましょうよ。

「エロゲに文学賞を取らせろ」というのは、

「俺は男性だけど、女湯に入らせろ」
と言うのと同じなんではなかろうかと。。。

TPOやら社会通念やらルールやらを守らずに、
なんでもかんでも自由を声高に叫ぶのは、やはり間違いだと思うのです。

----------------------------------------------------------

こういうこと言うと、
「社会通念など時代によって変わるものなのだからくだらん」
とか言う輩がおられますが。。。

人間皆、現代社会のお世話になって生きているんですから。。。

現代のルールに従いなさい。

----------------------------------------------------------

あと、見た目なんですけど、

やはり、一般の方々にも見てもらうためには、
一般向け商品として仕上げる義務があると思うのですよ。

で、え~とですね、さきほど、

「ストーリーだけ見れば凝ってる」
と書きましたが。。。

本当にストーリーだけなんですよね。。。

----------------------------------------------------------

世間一般で商業ベースとして売られている商品というのは、
通常、全てにおいて完璧に作りこんであります。

誤字脱字なんてのは論外ですし

文章も、一般大衆の好みに合わせて分かりやすくするために、
推敲に推敲を重ねています

基本的に、全てのパーツが100点です。

----------------------------------------------------------

ひるがえってエロゲを見ると。。。

・誤字脱字が結構ある
・作者が自分の知識を全部盛り込むものだから、文章がすごく冗長
・仰々しくて露悪趣味で、濃い味付けのスナック菓子のような描写
・上手い下手以前に、読んでて恥ずかしい台詞が多い
・そもそも文章が下手な場合すらある

この時点で、商品としていかがなものかと思います。
少なくとも、表舞台に堂々と出せるものではないです。

さらには、

・ありえないぐらい精神年齢の低い女性キャラ
・しかもそれが大量にいる
・何もせず怠惰なくせに屁理屈こねて偉そうな主人公
・でも何故か不自然にモテる主人公

。。。普通の人なら、これらにまず違和感を感じます

作品を読む上で、読み手が違和感を感じたら、もうその人は作品の世界に入り込めず、楽しめないと思います。

エロゲは、発想としてはどんなに面白くても、それ以外の体裁のレベルが低すぎて
一般向け商品としては成立しないっていうか、そもそも商品レベルにすら達してないと思うのです。

----------------------------------------------------------

くどいようですが、私自身はオタクですし、
幸いにしてエロゲに対する偏見も無いので、ゲームのストーリーを楽しめております。

世間で、軽薄な大量生産型の作品がブレイクしている有様を見て
「こっちのほうが出来がいいのに。。。」と、悔しく思ってしまうこともあります。

でもやっぱり、エロゲは、分をわきまえて
日陰でコッソリとしているべきだと思うのですよね~。

----------------------------------------------------------

PS
まぁ、逆に言えば、世間様が誰も注目していない今って、チャンスかもしれませんねぇ。

エロゲのネタを真似て話を作ってドラマ化したとしても、元ネタには気付かれにくいでしょうし。

漫画原作のドラマが、これだけヒットするご時世ですから、案外売れてしまうかもしれませんね。

そういえば、以前大ブレイクしたあの映画について、そういう噂がありましたけど。。。

どうなんでしょうねぇ。。。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

自己紹介です

初めてのブログです。
なにはともあれ、とりあえずは自己紹介を。。。

もともとが濃いオタクな上に、
超バリバリのゲームソフトコレクター
(未知のS級レアソフトや非売品ソフト限定や役に立たないソフト専門 ※)です。

 ※:ちなみに、詳しくはこちら参照。↓
   超レアソフトの世界
   レアソフト紹介について(記事の見方など)
   現在捜索中のソフト
   以前運営してたサイト「徒然ですけれど」

話がそれましたが。。。

でも普段は仕事大好きビジネスマンです。
趣味=仕事と化しております。スーツは戦闘着です。

ちなみに会計方面を生業としておりまして、最近は内部統制ネタにかかりっきりです。

でも一方で、生来のオタク根性も残ってるのです。
本当は、オタクな話を全力で誰かにぶつけてみたいのです。

そんな思いもあって、以前は某ゲーム会社で働いておりましたが、
大手でなおかつ管理系だったので、周囲はみんな真人間でした。

ゲームのゲの字も出せませんでした。。。

ゲーム会社なのに、会社のパンフを見ていた同僚から
「ねぇ、ここに書いてある『すーぱーふぁみこん』って何?」
などと聞かれる

ゲーム会社なのに、
「ねぇ、ソニーのPS2と、ニンテンドーDSって、なにか違うの?」
とか

あまつさえ
「PS2でニンテンドーDSのソフトは使えないの?」
などと真顔で聞かれる

上司に、
「この前面接に来た人、ゲームオタクなんで、ちょっと採用はやめようと思うんだよね~」
と言われて、心の中で血涙を流しながら

「そ、そうですね。。。」
と応える

。。。そんな職場環境でした。

さらに今では、至極まっとうな日本企業に転職したので、
もはや職場にオタクのオの字もありません。。。

「FFやってます」なんて言っただけでオタク扱いされかねませんし、

「多重人格探偵サイコ全巻持ってます」なんて言った日には、ドン引きされそうです。

ましてや

「ノベルゲー大好きです。エロゲもやります。」

「沙耶の唄は歴史的名作だと思います。」

「あまつさえ興味本位で炎多留やりました。」

。。。なんて、口が裂けても言えません。変質者扱いで通報されそうです。

まぁそんな環境で、物足りない日々を送る中で、
フラストレーションが悶々と積もり積もった挙句

オタクな話を
全力でぶつけられる場所が欲しい!

。。。と思って、ブログデビューしてみました。

なのでこちらでは、日々思うところを、
リミッターを外して熱く自由に書いていこうと思います。

いちおう隠れオタなので、コソコソ隠れつつ。。。

まぁ、そんな感じでございます。よかったら見てやってくださいませ。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 人気ブログランキングへ
もしよかったら、ぜひポチッと押してくださいませ。

トップページ | 2007年9月 »

【いま購入できる非売品ゲーム】

無料ブログはココログ